人気ブログランキング |

タグ:三熊山 洲本城 ( 3 ) タグの人気記事   

武士魂!!!!!!   

2009年 10月 23日
秋深し・・・
今宵は月もなくもの寂しい夜であるが、それがしの心は
わが故郷淡路島への
愛と希望の光で満ちあふれておる(^_^)/~
申し遅れたが、拙者第29代目の「クイーン淡路」なるものを仰せつかっておる
冨田と申すものでござる053.gif

記事のアップが遅くなり、皆の衆には面目ない040.gif
先日相棒の松井殿の記事でも告知されておったように、今回は、拙者が、
18日に開かれた「洲本城 脇坂安治400年祭」のレポートを書かせていただこうと思う049.gif

さて、皆の衆ももうお気づきであろうか??
左様(●^o^●)
それがし、本日は武士なり!

f0217035_22473572.jpg

脇坂氏が待っている洲本城本丸へ、、、
「エイエイオー!」
法螺貝の合図で
いざ、出陣



f0217035_22492684.jpg




f0217035_22502581.jpg

ふふ・・・オトコマエな4人であることよ(*^_^*)053.gif

(身内びいきになるが、特に右から二番目に写っておる
相棒松井殿の、なんとも素敵なことよ・・・うっとり053.gif
あ、もっとも左から二番目のそれがしの顔は「武士」というよりも・・・
かつて洲本城のある三熊山に住んでいたことでも知られる、伝説の「芝右衛門狸」のお友達
といった方がしっくりくるかもしれんがの。。。笑 いや、芝右衛門殿に怒られるかしら?)


拙者の左に写っておられるお髭の殿方は、かの、「織田信長公」なのじゃ!
記念撮影に応じてくださるとは・・・恐悦至極(>_<)
しかも、実は、おなごが扮装しておるそうじゃ!!
彼は(彼女は)わざわざ茨城県からお越しになった方で、、
この日もっとも扮装が立派だった武将に授けられる栄誉、
『戦国大賞』を受賞されておる072.gif
パチパチパチ~(^^)



f0217035_22532650.jpg

子供から年配の方まで、甲冑を着て、三熊山の急な坂道を頑張って登っておるのは
あっぱれじゃな~~066.gif
こうして見ると、まるで、時代劇や大河ドラマの迫力あるワンシーンのようじゃ!

そうこうしているうち、陽がちょうど我々の真上に昇ったころ
我々も本丸に到着いたした(^◇^)
秋晴れの青空を見上げると、すぐ頭上を赤とんぼが
もっと高いところにはトンビが、優雅に飛びまわっておった058.gif
そよ風が頬を優しく撫で、甲冑にしたたる額からの汗が爽やかで
顔は自然とほころび、なんとも幸せな瞬間じゃった(*^_^*)

出迎えてくださった脇坂殿へ行軍の無事を言上し、ねぎらいのお言葉をいただいたあと、
法螺貝の合図で勝鬨を挙げ、武者行列は解散となった。

昼飯は、

f0217035_22585862.jpg

もちろん兵糧食!
このおむすび、外側はカリッと、中はもっちり、、、
味噌やたくあんとの合性もぴったりで、噛めば噛むほど味わい深く
しかもお腹に力が入ってパワーがあふれてきて疲れが吹き飛ぶような
シンプルながらも実に見事な弁当であった!

本丸周辺では、「大野わらじクラブ」の力強いリズミカルな太鼓演奏が
辺りに心地よく響き渡り、会場を盛り上げておった

f0217035_230546.jpg

皆の息もぴったりで、さぞかし、厳しい練習を時間をかけて
日ごろからおこなっておるのであろう・・・
彼女らの、凛としていて真剣に打ち込む姿は聴いているそれがしの心を打ち
しかも、あまりに素晴らしいバチさばきだったため、
瞬きするのも忘れて直立不動のまま見入ってしもうた(*^^)v
涙腺が緩んできたということは、それがしも、もう歳なのかな・・・笑

また、南のくるわにて淡交会による野点で
相棒の松井殿とともにそれがしもお茶の接待を受け、
点ててくれた方の優しいお人柄や愛情がそのままにじみ出てきたような美味しいお抹茶と
四〇〇年前の和菓子を再現したという
上品な趣あるお茶菓子を、五感で堪能させていただいた060.gif

他にも、淡路考古学研究顧問の 岡本稔 先生を講師に迎え、
「洲本城はこんなにおもしろい~戦国の城の謎と魅力~」がテーマの講演会が開かれたり、
その岡本先生と参加者が一緒に城内をまわり、石垣の構造等の解説を聞いたりした
・・・とのことである。

この日、洲本城 脇坂安治400年祭 というイベントを通し、
洲本城をめぐる新たな歴史・伝統が、
ここ三熊山から始まるのだなぁ・・・と
肌で感じた!

武者行列、新たな試みだったそうであるが、
来年からもぜひ続けていって、後世に残る伝統行事になるよう、
みんなで協力していきたいもの・・・
(未来を担う若い世代の)子どもたちがこういう文化的行事に積極的に参加してくれているのだから、きっと、洲本市、いや、ひいては淡路島の将来は明るい!!!!!!


最後に、
たくさんの参加者・訪問者の皆さま、
取材に来ておられた新聞各社の記者・淡路島テレビジョンの皆さま、
関係者の皆さま、
お疲れ様でしたm(__)m

そして、クイーン淡路として、この栄えあるイベントに参加させていただけたこと、
皆さまと交流させていただけたこと、
まことにかたじけなく存じ上げ奉りて候。

by queen_awaji | 2009-10-23 00:44 | 祭り・イベント

☆釣果報告☆   

2009年 10月 17日
みなさん、こんばんは♪
第29代クイーン淡路の松井です^^

今週は暖かい日が多く過ごしやすかったですね!
お洗濯もよく乾いてルンルンの1週間でした(●^▽^●)
ですが、今週私が一番楽しみにしているのは・・・
日曜日の「洲本城 脇坂安治 400年祭
私たちクイーン淡路も、鎧姿で武者行列に参加させていただくことになっておりまして
鎧を着る機会なんてめったにないことですので、
すごく楽しみにしております072.gif
…似合うかどうかは微妙なところですが…(-▽-)
いやいや…
必ずや着こなしてみせます!!(←ホントかな?笑)
武者行列の他にも兵糧食の試食など、楽しいイベントもありますので
是非、お越しくださいね060.gif

さて、前回のブログで
「洲本市観光協会のD口さんが釣りに行かれているので、釣果をまた報告します」と
書かせていただいたのですが、今日お昼頃にD口様からわざわざメールをいただきましたので
報告させて頂きます(●^▽^●)

なんとD口さん、4時間ほどの粘りでこれだけの釣果があったそうです…
ババ~ン072.gif

f0217035_22145214.jpg

D口さんの腕が良かったのか、淡路島の海が良かったのか(●^皿^●)笑
なんと大きい方の鯛は64㎝だそうです(●^▽^●)
鳴門海峡の荒波にもまれた鯛
もぉぉぉぉぉ本当に、美味しいですッ053.gif
私も父がよく鯛を釣って来てくれるのですが
「宝楽焼」にすると、美味しいこと053.gif美味しいこと053.gif
もちろんお刺身もすっごく美味です(●^▽^●)

淡路島に釣りに来ていただくと釣果0と言うことはあまりないと思いますので、
この穏やかな時期に是非釣りを楽しみにお越しくださいね072.gif


P.S.釣りバカ社長さんは見つかりましたでしょうか?(●^▽^●)

by queen_awaji | 2009-10-17 00:18 | 29thクイーン淡路

洲本城ボランティアガイドツアー(^_^)/   

2009年 09月 28日
みなさん、いかがお過ごしですか??
第29代クイーン淡路の冨田です♪

シルバーウィーク中、私は、タイトルにもあるとおり
「洲本城ボランティアガイドツアー」に参加してきました~♪

このボランティアツアーは大好評と噂に聞いていたのですが・・・
松井も私も初めて参加させていただくのでとってもワクワクしながら
「三熊山の史跡を愛する会」代表で「ボランティアガイド」をされている
地白 勇さんに案内していただき、洲本市観光協会の出口さんと4人で
洲本城のある「三熊山」に向かいました~♪

ちなみにこの「三熊山」は正式名称ではなく
「乙熊山」「高熊山」「虎熊山」を称して通常「三熊山」と呼ばれているそうです!

地白さんは、終始ユーモアあふれる軽妙なトークで洲本城の歴史の解説をしてくださり
ツアーに参加した私たちはじっと地白さんの話に聴き入っていました(^v^)
このボランティアガイドの方々は、まさしく、歴史の「かたりべ」なのだなぁと思います。

地白さんの解説にはとても及びませんが、ツアーの内容をちょっとだけ私の駄文でご紹介します



洲本城跡の最も注目すべき特徴は、石垣です!
 階段状に築かれた「登り石垣」
 二段積みの石垣
 戦国時代当時に拡張されてできた二重の稜線がある石垣
 石垣の隅角が直角でなく鈍角の「シノギ角」などなど・・・

ツアーに実際に参加されて実物を見ながらだと、肌で感じることと思いますので
ぜひ当時の人々のこの石垣を築いた並々ならぶ苦労を思い起こしながら
国指定史跡にも認定されている、三熊山の洲本城跡を一歩一歩踏みしめて登ってみてください
きっと何かしら、心に感じるものがあると思います(^◇^)

洲本城は、天正13年(1585年)に洲本城3万石の藩主となり移封してきた豊臣秀吉に仕える
「脇坂甚内安治(わきさかじんないやすはる)」氏によって築かれました。

豊臣秀吉の大坂城の出城・防衛・水軍の城としての役目を担っていたそうで、
山麓の居城と、東西2条の「登り石垣」で結ばれ、強固な城でした!
石垣は、東西800メートル南北450メートル
山麓の居城と合わせると甲子園球場の約10倍で
東西の登り石垣にて、なんと、西日本最大規模の城だったそうですよ!!

ちなみに、慶長14年(1609)に、脇坂氏が伊予の「大洲城」に移封になるときに
洲本城は解体され移築されたそうですが、洲本城の20分の1の雛形を当時の作事方が作り
それを大洲に持っていき、その雛形が今でも大洲市に残っているとのこと…

山頂からの眺めは非常によく
紀淡海峡・大阪湾・洲本市街を一望できます♪

紀淡海峡
f0217035_20495853.jpg

大阪湾
f0217035_20503235.jpg

洲本市街
f0217035_2050597.jpg


最後に、地白さんと私たち2人の写真をご覧いただきましょう♪
(撮ってくださったのが洲本市観光協会の出口さんなので、4人一緒に写ってないのがとても残念ですが)
f0217035_2052778.jpg


あと、お知らせですが、10月18日に
「洲本城 脇坂安治 400年祭」が開かれます!
詳細HP→http://www.awaji-is.or.jp/sumoto-kanko/event_09/sumotojoh.html

私たち2人は、甲冑を着せていただく予定です♪
よかったら、皆様もお越しくださいね053.gif

by queen_awaji | 2009-09-28 05:52 | 観光地・レジャー